尾道七佛めぐりトップページへ戻ります。第1番札所 持光寺第6番札所 浄土寺第5番札所 西國寺第4番札所 大山寺第3番札所 千光寺第2番札所 天寧寺
第7番札所 海龍寺
海龍寺=技芸上達祈願
 人形浄瑠璃・文楽の墓があり、手・指を使う文楽に
ちなみ、お経の塚を撫でながら念じると、技芸上達するといわれています。

     空色縞瑪瑙(ブルーレース)
   穏やかな青空のような色が、心にほっと安心感を与えるこの石は、昔からチベットで蓮の花に見立てられ「神の石」として大切にされています。穏やかな気持ちが人を惹きつけ、結びつけ合う力を持つこの石は、芸術など自己を表現したいあなたに大きな力を与えてくれます。

真言宗   寛元3年(1245)   千手観世音菩薩

 瑠璃山の麓に佇む海龍寺は、西国巡教をしていた定證上人が浄土寺再興の時に、当時曼荼羅堂と呼ばれていたこのお寺に安居していたと伝えられています。寛元3年(1245)、この寺の別当職であった備後の大田庄の荘官、和泉法眼渕信が定證上人に寄進しました。 徳治2年(1307)に大本山浄土寺の塔頭となり、江戸時代の寛文2年(1662)には寺の名を海龍寺と改めました。

ページのトップへ戻る
ご本尊・千手観音像
(県重文)
不動明王像
(市重文)
阿弥陀如来像

  初護摩祈願会 (1月3日)  
  施餓鬼法会 (8月末・日曜)  
  石鎚蔵王権現護摩供 (毎月第2日曜)  
  柴灯護摩 (毎年10〜11月の吉日
※お問い合わせ下さい)
 

ページのトップへ戻る

  観音様の五色の紐 ご本尊様の手よりつながっている五色の紐を持って祈ることで、願いが叶いますよ。

 
鎖岩
霊山・浄土寺山に掛かる、四国石鎚を模して掛けられたくさり山を上り、浄土寺奥の院より望む瀬戸内海の展望!心身ともにスッキリ!しますよ。

 
ご住職様を発見したら、お声掛けしてみましょう。満願成就のお祝いに飴玉がもらえるかもしれませんよ。
 

ページのトップへ戻る

 ―
 特になし。17:00閉門
 有
 海龍寺
 〒722−0043  尾道市東久保町22―8
  電話 :0848−37−6251
  FAX :0848−37−5149
 バス・・・尾道駅より約10分。
      「浄土寺下」下車。浄土寺の東隣。
 ―



Copyright(C) 尾道七佛めぐり All rights reserved.